****************

活動レポート

タウンミーティング始まる

[2013-06-30]

 3月議会での修正予算とともに可決した付帯決議の?で求めた「市の財政が危機的状況であることを効果的な手段を用いて市民に知らせること。
」<  これを受ける形で、中学校区ごとに市長のタウンミーティングが始まりました。
今年のテーマは、付帯決議を反映し、「市の財政状況と行財政改革の取り組みについて」です。
 今日は10時より東中学校。
14時より大門中学校で行われ、私は大門中学校の回に参加。
出席者はそれぞれ13名、5名(うち議員2名)と大変少なかったです。
 市長から、資料をもとにしたとりとめのない説明が約1時間あり、その後質疑応答。
大門中学校では、子育て中の若いお母さん世代の方が、多岐にわたって準備されたメモを見ながら質問されました。
 まず、「もっと認可保育園の保育料を負担していい。
認可保育料は税金で守られ、一方では認証保育所にすら入れない不公平を是正すべき」と、同世代のお母さん方の現状を指摘されました。
 市長はこの問いに「保育料を改定する答申を頂いたが、いろいろあって改定できていない」と歯切れの悪い答弁。
待機児童解消に充てられる改定幅ではなく、議会から「不十分」と指摘されたことには言及しませんでした。
 さらに、「児童館や図書館の業務委託によって、本当に予算の削減につながるのか。
相当の委託費がかかっているのではないか」との鋭い指摘があり、市長は「人件費、物件費と委託費を比較し、財政効果は出ている」旨の答弁。
 しかし市長は、今年度の図書館の委託による定員管理計画の見直しを指示しませんでした。
せっかく改革のスピードを早めたのに、委託した地区図書館3館分の職員数の削減を計画に反映させなければ、財政効果は得られていないことは明白です。
 また、「子どもの医療費は、所得によって無料でなくていい方もいるのではないか」との質問には、「小中学生の医療費は所得制限があるが、これを無料にというご意見もある」とこれまた噛み合わない答弁。
 これらのやり取りを聞いていて私は、「この方は市長よりよほど財政の厳しさを理解されている」と、心の中で拍手しました!  こんな市長の状況で、市民の皆さんに財政の厳しさが伝わるのか本当に疑問です。
   今後のタウンミーテイングの日程は以下の通りです。
 久留米中学校 7月6日(土) 10時?正午  多目的室  南中学校    7月7日(日) 10時?正午  視聴覚室  西中学校    7月7日(日) 2時?4時   1階会議室  下里中学校  7月13日(土) 10時?正午  金工室  中央中学校  7月13日(土) 2時?4時   特別支援室  ※最寄りの中学校へ、もしくはご都合のつく日程に、よかったらご参加ください。



HOME
PAGETOP

  • HOME
  • プロフィール
  • 活動レポート
  • 政策
  • 実績
  • 議会報告
  • お問合せ
  • あべ利恵子 連絡先
    東京都東久留米市神宝町2-4-7
    TEL: 042-476-2965
    FAX: 042-476-2965
PAGETOP